健康になりたい人のためのケイ素ガイド

HOME » ケイ素にはどんな効果がある? » 肌荒れ・アトピーを防ぐ

肌荒れ・アトピーを防ぐ

ケイ素が持つさまざまな効果は肌荒れやアトピーを防ぐことにも利用できます。

アトピーや肌荒れを抑えて健やかな肌に

デトックス効果のあるケイ素は、便秘による肌荒れに有効ですが、アレルギーを原因とするアトピーなど免疫による皮膚炎への効果にも期待が高まっています。

アトピー性皮膚炎とはアレルギー体質の人や皮膚のバリア機能が弱くなっている人に多く見られる皮膚炎で、湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返します。

なかなか治らないことが特徴で、一般的には成人で6ヶ月以上、乳幼児では2ヶ月以上続くと慢性と診断されます。

アトピー性皮膚炎の原因となるのがアレルゲン(アレルギー物質)です。アレルゲンとなる物質はさまざまで、本来体外から侵入してきた細菌やウイルスだけを退治するはずの免疫が、攻撃する必要のない物質に対しても反応してアトピー性皮膚炎を引き起こします。 

アレルゲンにはダニやハウスダスト、ペットの毛や食物アレルギーなど種類が多く、子供のときだけでなく成人してからも色々なアレルギーを発症することがあります。

アレルギーの発生には活性酸素が関与しているとも言われるので、これを除去し、正常な免疫力をつけるケイ素は試してみる価値があるのではないでしょうか。

浸透力と殺菌力と静菌力と消炎効果を合わせ持つ成分

ケイ素はさまざまなパワーを秘めていますが、アトピー性皮膚炎や肌荒れのケアには、この成分の持つ浸透力と除菌力と静菌力と消炎効果がものを言います。

特にアトピー性皮膚炎を頻繁に起こしている人の肌は厚くなるため、成分も浸透しにくい状態。

ケイ素水など浸透力に優れたものでなければ、なかなか肌の奥まで成分が届きません。

また、炎症を起こしている肌では菌が増殖しがちなので、殺菌力と静菌力のあるケイ素水であれば肌を清潔に保てます。

同時に消炎効果によって炎症も抑えられ、肌を健やかに導く効果があるでしょう。

アトピー性皮膚炎では肌が弱っていることから、手で直接塗るほか、ケイ素水をスプレーなどで吹きかけるのも有効です。