健康になりたい人のためのケイ素ガイド

HOME » ケイ素にはどんな効果がある? » 免疫力を高める

免疫力を高める

胸腺はケイ素で構成されており、胸腺で育ったTリンパ球は、癌細胞の処理を命令するなど免疫システムの司令塔のような役割を果たしています。

ケイ素と胸腺と免疫の関係

人間の免疫について重要な役割を果たしている胸腺は、ケイ素で構成されていて、「Tリンパ球」(T細胞)という白血球を製造している臓器。その大きさは、だいたい握りこぶし大あります。
胸腺は胸骨の裏にあたり、心臓の手前の上部に位置しています。

胸腺は生まれたときは18g程度ですが、その後しだいに成長していき、思春期には30g程の大きさに。
しかし年齢を重ねていくと委縮して、80歳になるとピーク時の半分以下になるという謎の多い臓器です。 この胸腺、もともとはエラから進化したというのですから、さらに驚きですよね。

胸腺のはたらき

胸腺の働きは今まで解明されない部分も多かったのですが、最近になって免疫システムに重要な臓器であることが判明してきました。
胸腺は、免疫の中でも強力な「Tリンパ球」を育て、コントロールする役割があったのです。

この「Tリンパ球」は肝臓や腸管でもほかの白血球などと一緒に育てられることがありますが、胸腺はTリンパ球だけを専門としている臓器。つまり「Tリンパ球」のエキスパートと言えるのです。

Tリンパ球の名前の由来も、英語の「Thymus」(胸腺)の頭文字からきています。骨髄で生まれた未熟なリンパ球が胸腺に向かい、そこで成熟したリンパ球へと分化していくのでTリンパ球と呼ばれています。

胸腺で育てられたTリンパ球は白血球の中でも強い力を持っていて、マクロファージが異物の侵入を知らせるやBリンパ球に抗体を作らせたり、キラーT細胞にウイルス感染細胞や癌細胞の処理を命令するなど、免疫システムの司令塔のような役割をします。

このように優れたリンパ球を放出する胸腺ですが、その働きが弱まってしまうとTリンパ球も上手く働かなくなり、免疫システムの機能も弱まり病気にかかりやすくなってしまいます

ケイ素で構成されている胸腺は、ケイ素不足に陥るとさらに働きを弱めてしまいます。意識的にケイ素を補給し、胸腺の免疫システムも回復させましょう。