健康になりたい人のためのケイ素ガイド

HOME » ケイ素にはどんな効果がある? » 薄毛・白髪を改善する

薄毛・白髪を改善する

ケイ素が薄毛や白髪を改善する仕組みを詳しく説明します。

活性酸素を除去して髪に力を!

薄毛や白髪の原因として考えられるのが活性酸素による老化現象です。

加齢によって頭皮の脂腺から皮脂が多量に分泌され、それが古くなり固まることで毛根を詰まらせ発毛を妨げると考えられています。

そんなときケイ素の活性酸素の除去作用を利用すれば、髪が細くなったり抜けてしまっている頭皮を細胞から改善します。

ケイ素自体には育毛や発毛の力があるわけではないのですが、ケイ素水を頭皮にスプレーしてマッサージするだけでも古くなって酸化した皮脂が取り除かれ、髪の毛が強くなります。

高い洗浄力と浸透力で頭皮をケア

洗髪の際にもケイ素を使うのがおすすめ。シャンプーにケイ素を混ぜてみましょう。

ケイ素の持つ洗浄力によって頭皮についた頑固な古い皮脂の塊も綺麗に落ちるようになります。

またケイ素は浸透力も高いため、普段使っている育毛剤や発毛剤と一緒に使うことで成分がより吸収されやすくなり、さらに効果がアップします。

ずっと使いつづけているのに育毛剤や発毛剤が全然効果を発揮しない!という場合は、実際には効いていないのではなくて、栄養成分が頭皮の必要は部分まで届いていないということもあります。

そして、実はこの栄養成分の滞りも、薄毛や白髪を発生させる原因の1つだと言われています。

もともと健康な頭皮では、新陳代謝によって古い細胞と新しい細胞が常に入れ替わっています。

このサイクルをターンオーバーと言い、これにより多少髪の毛が抜けても普通であればまた生えてきますし、白髪が数本あっても頭皮に栄養が十分行き渡っていたなら髪全体は黒々としています。

人によってはまだ若いのに薄毛や白髪になっている人もいますが、これは年齢とは無関係に血管の老化などによって、血液が頭皮に十分に行き渡らなくなったために起こることが多いと考えられています。

前述したようにケイ素自体には育毛や発毛効果はないものの、細胞の新陳代謝を促して、必要な栄養成分を肌の奥まで浸透させることで髪の毛が元気になるのです。