健康になりたい人のためのケイ素ガイド

HOME » ケイ素と一緒に摂りたい健康成分

ケイ素と一緒に摂りたい健康成分

体を健康に保つため、ケイ素と一緒に摂取すると相乗効果の見られる相性の良い成分を紹介しましょう。

ケイ素と相性の良い成分3つ

ケイ素は人間の体にとって安全で、しかもさまざまな効果とメリットを与える物質ですが、それ以外にもほかの成分の浸透率や吸収率をアップさせるという特質を持っています。

ケイ素と特に相性の良い成分が「酵素」、「ビタミン」、「カルシウム」の3つです。


酵素

人間の生命活動にとって不可欠な成分で、消化吸収や新陳代謝だけでなく、脈拍、呼吸、筋肉運動などの重大な生体反応の全てに関わっています。

健康的な体作りと、栄養をエネルギーに変換するために必要。

<酵素とケイ素の関係>

酵素にとっての「補酵素」の1つにあたるのがケイ素です。

補酵素が結びつくことで初めて酵素は体内で力を発揮できるようになり、生命活動などを担えるようになります。


ビタミン

もともと体内に吸収されにくいカルシウムをビタミンDはサポート。

歯や骨への沈着を助けたり、血中のカルシウム濃度を調節して保つ働きああります。

<ビタミンとケイ素の関係>

ケイ素と深い関わりを持っているビタミンD。

ビタミンDはカルシウムが体内に摂り込まれるために必要であり、その働きをケイ素が促進しています。


カルシウム

カルシウムは骨の主成分。

このカルシウムが不足してしまうと骨が弱くなり骨粗しょう症を発生しやすくなります。

また、カルシウムは骨を強くするばかりではなく、体全体の働きにも重要な役割が。

<カルシウムとケイ素の関係>

最近の研究でケイ素がカルシウム以上に骨を丈夫にする成分であることがわかってきました。

アメリカの代表的な疫学研究に「フラミンガム研究」と「フラミンガム子孫研究」によれば、ケイ素の摂取量と骨密度に密接な関係が見られます。