健康になりたい人のためのケイ素ガイド

ビタミン

骨粗しょう症を防ぎ、骨を丈夫にするビタミンD。そのビタミンDの作用を促進する働きをケイ素は秘めています。

ケイ素とビタミンDの関係とは

骨粗しょう症の改善や予防にはカルシウムの摂取が有効ですが、そのためにはビタミンDとケイ素も効率よく摂らなくてはりません。

カルシウムを体内に摂り込むためにはビタミンDが必要となり、その働きを促進するのがケイ素だからです。

そればかりではなくケイ素はグルコサミンの合成を促進し歯と骨を丈夫にしたり、軟骨組織や皮膚のコラーゲンの生成もつかさどったりと骨には欠かせないミネラル。

骨粗しょう症の改善のためにはケイ素を多く含む食品やサプリメントを使用すると良いでしょう。

ビタミンDを多く含む食品

そもそもカルシウムは体に吸収されにくい成分。

その吸収率も食材によって変化したりと一定ではありません。

そんなときビタミンDはカルシウムやリンなどの吸収を促し、歯や骨への沈着をサポートする作用があるとともに、血液の中のカルシウム濃度を調節して保つ働きがあります。

ビタミンDが多く含まれる食品はキノコ類では干しシイタケやキクラゲ、シメジなど。

魚だと、あんきも、サンマやサバや鮭、カレイやイワシ、シラスなどです。

ただし、ビタミンDを過剰摂取すると高カルシウム血症、腎機能障害などの症状が見られる場合もあるので食べ過ぎはほどほどに。

日光浴でビタミンDを吸収

食品としてビタミンDを摂取する以外にも、実は人間はビタミンDを体内で生成できることがわかっています。その方法はとても簡単で紫外線を浴びるだけでOK。

日光浴だけで人間の必要とするビタミンDの半分を補えるとも言われているぐらいです。

このようなことから日光浴は骨にとって良いことなのですが、怖いのが紫外線による肌へのダメージ。

紫外線は肌に活性酸素を発生させ、シミやシワの原因を作ってしまいます。

日焼けしたくないという女性も多いことから、その場合にはビタミンDを多く含む食品を意識的に摂り入れるようにしたり、サプリメントなどを活用しましょう。