健康になりたい人のためのケイ素ガイド

含まれる食品

多くケイ素を含む食品と、成人の日本人が摂取すべきケイ素の量や、おすすめな調理方法についてまとめてみました。

ケイ素を多く含む食品リスト

食品からケイ素を摂取したい人はチェック!

穀類(食品100g中の含有量)

  • からす麦 600mg
  • きび 500mg
  • 大麦 233mg
  • 小麦 160mg

野菜類(食品100g中の含有量)

  •  じゃがいも 200mg
  •  赤カブ 21mg
  •  アスパラガス 18mg
  •  ひまわり 15mg

魚介・海藻類(食品100g中の含有量)

  • あお海苔 62mg
  • ひじき 10mg
  • あさり佃煮 10mg 

飲み物(食品100g中の含有量)

  • 番茶 10mg 

ご覧いただきましたようにケイ素は穀類やジャガイモなどに多く含まれていることがわかります。

このケイ素、実は世界から美味しいと賞賛されている日本のお米には特に豊富に含まれているとの説もあるぐらいなんです。

調理方法

ケイ素を含む食品を調理するなら、ご飯を多く取れる丼ものなどがおすすめ。

あお海苔やひじきにも比較的に多いので、こういった海藻類の入ったお味噌汁などをつけてみてはいかがでしょうか。 

とは言え、ケイ素を食品から摂ろうとタンパク質をたくさん含む主食類ばかり食べていたのでは困りものです。

適量であればいいのですが、主食の摂り過ぎは健康面を考慮してもあまりオススメはできません。

一方で、ほかの食品に含まれるケイ素の量はそれほど高くなく、十分な量を摂取するのはなかなか難しいという現状もあります。

どんなものならケイ素を摂取しやすい?

加熱によって食品からケイ素が成分が失われてしまう可能性も高いため、ケイ素を効率良く摂取するのであれば健康食品を利用するのがベスト。

摂取量の目安は特に定められていませんが、成人一人当たり1日10~40mgが妥当だと言われています。 

現代人は食生活が不規則になりがちなので、目安となるケイ素の摂取量に届いていないこともままあります。

そんなときには積極的にケイ素を摂取したいものですが、どんな物でも摂り過ぎは禁物。適量を守りましょう。

逆効果になることもあるため、ケイ素が不足しがちだなと思ったときにはその都度適量を摂取するようにしましょう。